睡眠不足が原因で起こることって何

眠りを真剣に考えるときが来たかも

睡眠不足が及ぼす子供への影響とは

スマートフォンを子供も持つ時代に、つい夜更かしさせてしまいがちです。
ですが、子供の睡眠不足は、将来にまで影響を及ぼすために控えさせるようにしましょう。成長期に睡眠が不足していると、肉体的な成長はもちろん、精神的な成長も遅れてしまいます。とくに学習能力や忍耐力は眠りと密接に関係しているため、昼間からぼーっとして、何かあるとすぐにかんしゃくを起こすような子供に育ってしまいます。
夜型の生活をしているほど意欲がなく、忍耐力が弱くなってしまうのは大人でも変わりありません。
夜、早く寝かせるためには、テレビやゲーム、スマートフォンなどを夜間にいじることを禁止する方がよいです。そして、寝る時間も設定し、約束が守れなければ次の日は一切電子機器をいじらせないようにするなど、対策と工夫をする必要があります。

不眠症の原因はいろいろでしょう
不眠症ならコーヒーは控えよう

「眠れない」その原因とはいったい何でしょうね。いろいろあると言われていますが、そのいろいろが少し難しいものだと思います。原因はひとつではないという場合もありますからね。
内面的な問題が多いとも言われています。悩みや不安から来るヤツのことです。あと、不規則な生活リズムもその原因になることもあるとか。
寝る前にドリンク(コーヒーなどね)を飲みすぎたり、パソコンやゲームを遊びすぎたり、寝る部屋がうるさい、明るいなどなど。些細なことと思いますが、これらが不眠症の原因につながっていることもあるのです。
ですから、思い当たる原因をできるだけ集めることからスタートですね。

睡眠不足が原因でなる薄毛

薄毛の原因の一つに睡眠不足があります。睡眠中に分泌される成長ホルモンは、体の成長や代謝にかかわる働きをすることで知られていますが、髪の成長や髪のダメージの修復にも大きくかかわっています。成長ホルモンは、夜22時から約4時間の間に特に活発に分泌されます。この時間帯は「睡眠のゴールデンタイム」といわれており、この時間帯に良質の睡眠をとることが体を維持するうえで最も重要とされます。
夜更かしや眠りにくい寝具などによって睡眠の質が下がると、成長成分も十分に分泌されなくなります。すると、髪の成長が妨げられ、髪にダメージが残ったままになり、髪の代謝が落ちて薄毛につながります。
薄毛を解消するには、まず睡眠不足を解消することから考えましょう。